スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小山内龍とは

ryu.jpg

小山内龍 本名 澤田鉄三郎
明治37年(1904年)~昭和21年(1946年)11月1日

1904年北海道函館市に生まれる。本名は澤田鉄三郎。
小学校卒業後、貨物船の船員をするが心臓の発作の為船を降り、昭和6年「週間アサヒ」の懸賞に応募して漫画家としてデビュー。昭和7(1932)年、新漫画家集団に加入。
昭和12年頃から「コドモノクニ」を舞台に児童文学作品を手掛ける。「山からきたくまさん」「オヤマノカキノキ」「ニッポンノアマ」「うさぎの手紙」「猫のひとりごと」「一茶絵本」など自著・他著の装丁を多数手がける。また、エッセイストとしても「昆蟲放談」「黒い貨物船」を執筆するなど、才能を開花させるも1945年の東京大空襲で焼け出され、故郷函館にて42歳の若さで他界する。新漫画家集団の創設初期からのメンバーに名を連ねていた小山内は、森永製菓のキャラメルの箱に昆虫のイラストを描いていました。この時、漫画家集団の指導をしていた石井悌農学博士に「昆虫を描くなら実際に観察したほうがよい」と勧められ、昆虫観察に没頭することになります。その時の苦心談や日記をまとめたものが、昭和16(1941)年に出版されたエッセイ「昆蟲放談」となりました。「昆蟲放談」は初版から四版まで出版され、NHKのラジオでも朗読された代表作である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。