スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小山内龍年譜

年譜

明治37年(1904年) 
函館市大縄町に生まれる。

44年(1911年) 
若松尋常小学校(昭和63年廃校)に入学

大正9年(1920年) 
下駄工場に勤務する。

10年(1921年) 
外国航路の貨物船員となる。

昭和2年(1927年) 
社会運動に参加する。

6年(1931年) 
上京し各種の職業に就く、その傍ら漫画、童画を独習し「アサヒグラフ」の懸賞漫画に入選する。

7年(1932年) 
漫画集団に加入

9年(1933年) 
「新イソップ物語」横山隆一著 東京朝日新聞に連載


12年(1937年) 
「猫のひとりごと」小川三男著 組合書店


13年(1938年) 
村田昌と結婚

14年(1939年) 
第2回児童文化賞受賞(動物と昆虫漫画)
「欅と芽立」橋本英吉著(三和書房)

15年(1940年) 
「オ山ノコグマ」百田宗治著 国民絵本 博文館

16年(1941年) 
「動物トナリグミ」百田宗治著 国民絵本 博文館
「オヤマノカキノキ」百田宗治著 新日本幼年文庫

「コロチャントオートバイ」与田(與田)凖一著
「家畜物語」ファーブル著 偕成社少年少女文庫

「ゲンキナコグマ」朝日新聞社
「昆蟲放談」大和書店


17年(1942年)
 「昆蟲ノハナシ」国民絵本 博文館
「黒い貨物船」映画出版社

「風と花びら」平塚武二著 少国民文芸選 帝国教育出版部
「南方昆蟲紀行」石井悌著 大和書房

「オ山のナカヨシ」童画社
「ヤマカラキタクマサン」百田宗治著 新日本幼年文庫 帝国教育出版部 
「牛をつないだ椿ノ木」新美南吉著
「ホタルトヤンマ」小学館

18年(1943年) 
「うさぎの手紙」東榮社

「コグマトムシ」東榮社
「南ノ国動物」石井悌著
「ハタラクコグマ」日本教育画劇
「フシギナモノ」平塚武二著 東栄社
「歌とおどり」平塚武二著 
「肥後民話集」荒木精之著 地平社
「昆蟲になってみたら」加藤正世著 金の星社


19年(1944年) 
「昆蟲タチノ國」大和書店

「カラストオサル」宝雲社
「海獣船とうえい丸」平野直著 少国民文芸選

「野中兼山」榊山潤著 少国民文芸選

「西遊記」佐藤春夫 新潮社

20年(1945年) 
「オヤコグマ」宝雲社
東京大空襲で自宅全焼。7月、北海道大野町(現 北斗市)に疎開、8月敗戦

21年(1946年) 
「一茶絵本」石塚友二著 鎌倉文庫

「久助君の話」新見南吉著 組合書店
「キツネトタヌキ」漫画社
「クマトネズミ」朗書社
 
11月1日、母に看とられて函館市内で死去。享年42歳。小山内は死に際して「残念だ」といったという。

22年(1939年) 
「ニッポンノアマ」平塚武二著 少国民絵文庫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。